インテリアコーディネーター、カラーコーディネーター、整理収納アドバイザーがスタイリッシュ空間づくりをお手伝い。

■中身が分かれば。。


前ページでは、“物の置き場所を決める”事の意味をお伝えしましたね。

では、もう一つのポイントです。

結論をズバリ。  
“中身が分かるようにする” 事です。


もし、中身の分からない‘無地の缶ジュース’があったとしたら。。。?

怖くて飲めないですよね〜^^;

‘オレンジジュース’とか、‘コーヒー’とかの表示があるから飲める訳であって。。。 


収納も同じコトですね。

箱や引き出しを開けて、(あれ?無い。) (こっちかな?) (あれ?。。じゃ、あっち?) という経験はお持ちだと思います。

この無駄な行動も、表示(ラベル・ラベル管理と読んでいます)ひとつで、減らしていくコトができますよね。




ラベル管理の方法は色々ありますが、代表的なモノだけご紹介しておきますね。

●入れ物を半透明にする方法。
 他人に見られたら嫌なモノとか、恥ずかしいモノとか、ヤバイ(?)モノとかは別として、
 半透明のケースは既に商品化されているものが多いので、利用してみると良いと思います。

●入れ物を透明にする方法。
 ディスプレイ的な空間演出を目指すのであれば、透明度の高いアクリル製品でもOKですね。

●入れ物に小窓を付ける方法。
 チョットした加工で、箱の側面にお洒落な小窓を作ってあげるのもオススメです。事例は別の場所で^^

●入れ物にラベルを付ける方法
 中身をラベルに書いて箱に貼ってあげるのです。 
 絵が得意な方だと、文字ではなくて‘絵のラベル’にしてもいいですね。 
 毛糸とかは‘色ラベル’が便利。 靴などは‘写真ラベル’が一番楽チン。

●MAPを作る方法
 ちょっと視点が大きくなりますが、押入やタンスなどの簡単なMAPを作るという方法もあり。
 あ、でもコレは私はやってません。(なんか、面倒っちぃから。。。。^^;。sorry。)

                                                      などなど。




ここまでで、
“置き場所を決める” 事と、“中身が分かるようにする” 事をお伝えしました。

この2つが収納の基本となりますので、よ〜〜〜〜〜〜〜く覚えておいてくださいね。






                              次のページへ      TOPへ戻る



CopyRight (C) All rights reserved by TEKI-style